構成員紹介









氏名 葛巻 貴大(くずまき たかひろ)
生年月日(干支・星座) 1987年 4月6日 卯年 牡羊座
血液型 A型
出身高校 岩手県立花巻北高等学校
学年 大学院博士後期課程3年生(D3)
研究テーマ 火砕物の地質学的•岩石学的研究
所属学会 日本地球惑星科学連合大会、日本地質学会、日本火山学会
研究業績 学術論文•共著
・大場司・林信太郎・伴雅雄・近藤梓・葛巻貴大・鈴木真悟・古木久美子(2012)最近4500年間の鳥海火山の噴火活動−湿原堆積物に保存された火山灰層の解析−, 火山. 57, 65-76.
報告書・共著
・大場司・林信太郎・鈴木真悟・近藤梓・葛巻貴大・緒方武幸(2011)秋田大学における造岩鉱物化学組成分析―教育文化学部SEM-EDXと工学資源学部WD-EPMAの定量分析値整合性について―.秋田大学大学院工学資源学研究科研究報告.
国際学会発表・共著
・Tsukasa Ohba, Shintaro Hayashi, Masao Ban, Azusa Kondo, Shingo Suzuki, Takahiro Kuzumaki, Kumiko Furuki(2011)Interaction Between Hydrothermal Systems and Ascending Magma Beneath Chokai Volcano, Japan, During the Last 3, 000 Years: Implication from Characterization of Volcanic Ash. IUGG, general assembly 2011, Melbourne, Australia.
国内学会発表・筆頭
・葛巻貴大(2010)栗駒火山南麓に分布する火砕堆積物-小野田層と北川石英安山岩の層序-.地球惑星科学関連学会,2010年合同大会,千葉幕張メッセ.
・葛巻貴大・大場司(2010)栗駒火山南麓に分布する火砕堆積物−小野田層の層序、岩石学的特徴およびK -Ar年代−.日本鉱物科学会2010年年会,島根大学.
・葛巻貴大・大場司(2010)栗駒火山南麓に分布する火砕堆積物−小野田層の層序、岩石学的特徴およびK -Ar年代−.日本火山学会2010年年会,京都大学.
・葛巻貴大・大場司(2011)栗駒火山南麓に分布する中期更新世火砕堆積物の層序.日本地質学会2011年年会,茨城大学.
・葛巻貴大・藤縄明彦・大場司(2011)栗駒地熱地域、鮮新世〜中期更新世火砕堆積物とカルデラ埋積火砕堆積物との対比.日本火山学会2012年年会,エコール御代田.
国内学会発表・共著
・近藤梓・山元正継・緒方武幸・柴田悟史・葛巻貴大(2011)カルデラ形成に関与した珪長質マグマの温度条件の違い.日本地質学会2011年年会,茨城大学.
・大場司・林信太郎・近藤梓・鈴木真悟・葛巻貴大・古木久美子・伴雅雄(2011)最近3000年における鳥海火山の爆発的噴火活動および熱水系の発達.日本地質学会2011年年会,茨城大学.
趣味 ラーメン屋巡り スポーツ観戦
尊敬する人物 イチロー
その他


構成員のページへ戻る